yasikitakatosi-blog

日常の出来事や興味のある物を綴った雑記です。

異業種へ参入する企業

f:id:yasikitakatosi:20180818225126j:plain

甲子園は、ベスト4が決定しました。

試合は、ベスト8が一番面白いと言いますが、今日の試合も劇的な試合がありました。

明日は一休みして、体を休ませて頑張って欲しいと思います。

高校野球は、明後日までの楽しみで待ちましょう。

という事で、今日は本業以外の業種を経営している企業について調べました。

特に厳しいアパレル業界の企業に注目すると、紳士服専門店があります。

紳士服小売大手は、コナカが9月期決算で売上高前年比4%減、営業利益22%減です。

しかし、コナカはとんかつ専門店「かつや」やからあげ専門店「からやま」等のFC店を展開しており、前年同期比5%増と好調です。

全体の売上高は、ファッション事業は513億円、フードサービスは12億円で全体からすると僅かです。

また、教育事業での「Kids Duo International」も展開していて、売上高は4億円ですが、前年同期比は106%増で成長しています。

一方AOKIは、2019年3月期決算は売上高は448億円で、前年同期比3%減、営業利益は30%減です。

ファッション事業以外では、ブライダル事業が66億円、カラオケ・カフェ等が124億円で、ファッション以外の事業は全売上高の42%まで増えています

青山商事では、本業以外では7つの事業を展開しています。

総合リペア事業は、靴修理や鍵複製の「ミスターミニット」です。

「焼肉キング」や「ゆず庵」等の外食店、リユース事業は「セカンドストリート」を運営しています

ビジネスウェア事業は、前年同期比で30%減で大きく減益となっています。

確かに、紳士服業界は少子高齢化とビジネスカジュアル化が進んでいるので全体的に縮小傾向です。

またZOZOがスーツやシャツの注文受付を開始していて、採寸スーツのZOZOSUITを活用しビジネススーツを展開しています。

これだけ異業種に参入しているとは想像がつきませんでした。

夏場は、クールビズでスーツを着ず、カジュアル化でジャケット・パンツスタイルでもう常態化しています。

企業も、IT企業を筆頭にスーツにこだわらないスタイルで仕事をしています。

時代の流れでもありますが、低単価のスーツは競合が激しいです。

しかし、高級な紳士服生地を使用したオーダースーツや海外ブランドのスーツは、今でも安定して販売されています。

結局、2極化していて低単価か高級服に分かれ、どちらに重点を置いて事業を進めるかにかかっています。

企業の生き残りは、これからもかなり熾烈になっていきますが、日本企業が何とか存続していくのを期待します。

 

安室奈美恵関連銘柄で儲かるか?

f:id:yasikitakatosi:20180817191755j:plain

今日は涼しく気持ちが良かったです。

甲子園もベスト8が決まりました。

今年は、100回の記念大会でもあり、面白い試合が多いですね。

ところで、話題はガラッと変わりますが、今年の9月で安室奈美恵さんが引退しますね。

私は、特にファンではありませんが、経済効果はかなりあるのではないかと思い、引退特需がありそうな銘柄を調べました。

昨年の11月8日にベストアルバム「Finally」をリリースし、これまでの集大成と言えるアルバムは今年3月末で238万枚を記録し、メガヒットとなりました。

CDが売れない時代で驚異的な数値です。

このアルバムには、ブルーレイ・DVD等の得典を付けた物等数種類販売されているので、単純計算してもそれだけで100億円と言われています。

羨ましい!

さらに国内外での80万人を動員したツアーでも約80億円は叩きだしています。

儲かるところはウハウハですね。

この他にもファイナルツアーを記録したブルーレイやDVDが8月29日に予定され、引退特需は200億円を超えると言われています。

如何に多額のお金が動くか、想像できません。

という事で、独断と偏見で上がりそうな銘柄を紹介します。

これは、あくまでも個人の予想ですので、取引は各個人の裁量にお任せします。

 WOWWOW

エイベックス

日本テレビホールディングス

 

(4839)WOWWOW

国内初の民間衛星放送会社で、スポーツや音楽、映画等のチャンネルを持ち、人気アーティストのライブ配信等も行っていて、加入者も増加傾向で安室奈美恵関連のコンサートも放映しています。

本日3、350円 ー20円

 

(7860)エイベックス・グループ・ホールディングス

音楽・映像コンテンツ等を手がけ、安室奈美恵が引退発表して以降、営業利益が大きく伸びています。

今後は、ファイナルツアーのブルーレイ・DVDの販売等も予定し、他にも企画が有るとの憶測もあり見逃せません。

本日1、424円 +11円

 

(9404)日本テレビホールディングス

最近会員数が増加傾向にある「Hulu」の運営も手掛けていて、ライブへの密着取材や独占取材も毎月配信しているので、注目度は高いと思います。

本日 1、793円 +20円

 

私自身は、最近株に手を付けられずにFXのみです。

資金があればこのような状況で、株を物色し儲けるタイミングを探るのですが、何しろFXがさっぱりの状態ですので身動きができません。

あくまでも投資は自己責任でお願いします。

 

 

 

 

テレビ離れは進んでいるのか?

f:id:yasikitakatosi:20180816205848j:plain

凄いゲリラ豪雨が、夕方急に襲ってきました。

大変な雨量でした。

豪雨の被災地の方は、大丈夫でしたか?

急な天候になることが今年は多いので、十分注意すべきですね。

ところで、最近のテレビ離れは激しいのでしょうか?

私自身も50代で、昔は家に帰るとすぐにテレビを付けて、ボーッとしていました。

しかし、最近は翌日の仕事の準備をして、その後ブログを書くので余りテレビを見ることが少なくなってきました。

私のようなおっさんでもテレビを見る時間が減っているのですから、若い方はスマホ・パソコン等ネットでの情報収集がメインになるでしょう。

 

ここで、テレビ業界の「総世帯視聴率」という指標があります。

この数値が低迷しているので、テレビ離れが進んでいます。

過去には、1963年のNHK「紅白歌合戦」の視聴率は81.4%、同年11月23日にはケネディ大統領の暗殺事件等衝撃的な映像もあり、ニュース速報を知るツールとしても欠かせないものでした。

また70年代の浅間山荘事件や80年代の昭和天皇の大喪の礼が、執り行われた時期も視聴率が高かったです。

しかし、90年代の月9ドラマ以降は、緩やかに下落していきます。

その後は、スマホの登場によりPC・タブレット・スマホで動画等を楽しむ時代となりました。

そうはいっても、現在は夜にテレビをつける世帯はまだ6割います。

6割もいるのであれば、まだまだテレビの復活の可能性はあるのではないか。

ただ、今のテレビ番組を見ると面白くない、続けて見ようと思わないという感覚になります。

唯一見るのは、スポーツニュースぐらいでバラエティやドラマ等は全然ダメですね。

しかし、年代別でも我々50代以上が視聴率を下支えしています。

何しろ小学校の時からテレビが家にあったので、日常生活の一部でした。

また、年齢が上がるとともにインターネットの利用時間は減少しています。

ここで、テレビ視聴率の減少とインターネットの普及が、広告業界にも大きな影響を及ぼしています。

広告では、インターネット広告が伸びていて、スマホ普及以降はテレビ広告費を超える勢いです。

ですので、高齢者向けは従来のテレビで、若者向けにはネットテレビでの番組作りをする必要があります。

現在では、アべマTV・ニコ動等番組タイトルを見るだけでも、興味を注がれる番組も多くあり、通常の番組に比べるとニーズをしっかりと掴んでいます。

ただ本当の情報を得る手段が、テレビなのか新聞なのか、ネットなのか、どれが真実かを見極める力を磨くのが、一番重要だと言えます。

その辺りの力を高めていくのが、これからの視聴者には必要だと思います。

結果的には、現状のテレビ番組では飽きられて離れていくと思います。

 

 

 

 

 

 

大塚家具は、どこに向かっているのか?

f:id:yasikitakatosi:20180815213025j:plain

今日は雨の影響で、鬱陶しい一日でした。

今メディア等で注目されているのが、大塚家具の身売りに関してです。

過去に親子喧嘩でマスコミの格好のネタとなり、連日確執がメディアで流されていました。

叩き上げの父親である会長と、革新をしたい娘の社長との対立です。

会長は、今まで同様の会員制の高級家具路線での営業継続を目指し、社長は、低価格も視野に入れながら誰でも気軽に入れる大衆家具店を掲げていました。

そして、経営権を巡って内輪でもめた後、社長側が勝ち取り経営を行っていたのですが、見事に経営ビジョンが外れ、売上の減少に歯止めがかかりません。

この半期は、前年同期比で12%減、売上原価は逆に上昇しています。

この状態を補うために、有価証券売却益と固定資産売却益、ゴルフ場会員権の売却で16億円余りの特別利益を無理やり作った事がよくわかります。

そもそも低価格商品は、ニトリ・イケア等既に競争も激しい状態の中に、今さら進出してもすぐには成果が出るのは難しいのは、分かりきったことだったと思います。

会長側は、既に今までの経営を継続しながら事業を行っています。

家具は、一度購入すると10年以上は買い換えない商品で、最近の日本の家では備え付けの収納家具があり、せいぜいダイニングテーブル・ソファ・ベッドぐらいしか必要性がありません。

また余程高級家具以外は、修理して使い続ける事はありません。

それとターゲットが若い層であれば、雑貨・カーペット・カバー等も一緒に提案しないと購買心理も働かないと思います。

そのような努力をしてきたのかも、あまり表面化していないし、広告もどうだったか疑問です。

そうこうするうちに、現在の身売りという話が出てきて、今度はどこに身売りをするのかがマスコミのネタとなっています。

では事業提携先はどこなのか。

今、名前が上がっているのは、貸会議場運営会社のTKPです。

同社は、大塚家具のリストラに伴う空きスペースを転用する意味では、都合が良いですが、家具屋としては何の実績も経験も持たない会社です。

TKPは、大塚家具の50億円超の増資を引き受け、過半の株式を取得する方向で最終調整に入りました。

交渉はここまで進展していましたが、現在の社長が退きTKPの河野社長が両社の社長を兼務し数人の役員を入れ替える人事案を打診したが、これを拒否し人事案にも反発しているそうです。

しかしこの事態では、金融機関からは融資引き上げを実行することをチラつかせて、経営支援策を無理やり飲ませて現社長を退任まで持っていくはずです。

結局大塚家具は提携先と金融機関によって、今後家具屋として存続できるかは微妙になりそうです。

どの企業も同じですが、経営トップの手腕によって上に行くか、又は倒産の道を進むかで大きく変わりますが、一番迷惑なのは従業員だと肝に銘じて経営をしてもらいたいですね。

 

夏の甲子園 ドラフト候補でいっぱい

f:id:yasikitakatosi:20180617214902j:plain

高校野球は、面白いですね。

勝っていても、後半に逆転される場面もありますので、想像がつかないです。

ところで、今大会はドラフトの目玉が沢山います。

開幕前のドラ1候補は、大阪桐蔭の根尾昴選手と藤原恭大選手ぐらいだったのが、実際試合が始まると他にもゴロゴロと出てきました。

現2年生も含めるとドラフト1位候補は、7人もいるそうです。

先の2人以外では、報徳学園の小園海斗選手で聖光学院戦で大会タイ記録となる3本の二塁打を放ちました。

打撃が引っ張るだけでなく、広角に飛ばし体も大きくなり、脚力も良く守備範囲も広いです。

今大会のナンバーワン遊撃手は、小園だという声もあり、ドラ1確実です。

投手では、金足農の吉田輝星投手の評価が高いです。

150キロ近い速球と切れの良い変化球で初戦14奪三振をマークした右腕です。

確かにピッチングフォームも、負担かからない投げ方で、高校クラスでは途中でスピードを抑えて制球重視にしたり、省エネ投法もできる力もあります。

またピンチの時にギヤを上げて、スピードボールを投げ込む力は大したものです。

2年生投手にも注目の逸材がいます。

1回戦で149キロの速球とスライダーで、16三振を奪った創志学園の西純矢、左腕から150キロの速球を投げる横浜の及川雅貴、星稜の奥川恭伸の3人は来年の1位候補です。

特に及川は、左腕で150キロを投げる投手は少なく、プロでは貴重です

ドラフト1位になれば、大体契約金が1億円で年俸が1000万というのが普通です。

羨ましい!

ちなみに、昨年北海道日本ハムファイターズの清宮幸太郎選手は、契約金1億円、年棒1500万円、出来高5000万円です。

では、税金はいくらかかるのか?

プロ野球選手は、個人事業主なので所得税がかかります。

契約金は雑所得、年棒は事業所得になります。

1年目の契約金が1億円で年棒1500万円の場合は、約4800万近い所得税がかかります。

税金もすごい金額ですね。

また、経費も認められていて職人によるバットやグローブ等の道具類、ボール等を購入すれば経費として組み入れられます。

冬の自主トレーニングの交通費や、宿泊費も経費で、トレーナーやマッサージ等を雇った場合も費用として認められます。

このように、プロとして活躍できれば収入も上がり、ファンの記憶に残っていきます。

しかし、厳しい世界で毎年120~130人が戦力外通告を受けて、引退していってます

今回のドラ1候補の選手たちは、プロに入っても長く活躍して欲しいと思います。

ではまた。

 

左利きの日!

f:id:yasikitakatosi:20180813203532j:plain

甲子園では、熱戦が続いてますね。

今回は、面白い試合が多いし、漫画のようなストーリーも出来ています。

今日は、左利きの日だそうですが、確かにサウスポーの投手は少ないように思いますし、本格派のサウスポーは少ないですね。

私も左利きなので、興味を持ち調べました。

この日は、左利きの生活環境向上に向けた記念日です。

1992年にイギリスの「LEFTーHANDERS CLUB」により、右利き用だけではなく誰もが安全に使える道具を、各種メーカーに対して呼びかける事を目的に提唱・制定されました。

私も小さい時から左利きだったので、昔は全てが右利き用の社会で重宝されるのはスポーツの世界だけだったと思います。

左利きで不便だったのは、習字やハサミ・寿司・カメラのシャッター・駅の改札等日常の不便が多いです。

におたま(スープのおたま)は、右利きの想像を超えるぐらいの使いにくさです。

左利きが使うと、手前に入れるようになり非常に使いにくいですね。

そもそも左利きは、世界の人口の1割と言われているので、まだまだ右利き社会は圧倒的に続くと思います。

私は、文字を書くときは、右で書くように矯正され、ゴルフは自分で右に変えました。

野球は、左投げ左打ちでそのままです。

スポーツの世界では、左利きは重宝されて特に野球は少ないので矯正されずに大丈夫でした。

プロ野球でも、左投手が少なく対戦数が少ないので慣れていないというのも理由の一つです。

左打者は、左投手のボールは見にくいので打ちにくい点があります。

また、本来右利きが左打ちに変更している選手が多く、作られたフォームなので動きがスムーズにならないデメリットがあります。

左利きの人間にとっては、作られた左打者はすぐ分かります。

今回の甲子園でのサウスポーは、少ないし本格派も殆どいないようです。

西武の菊池、楽天の松井等は速球と変化球を武器にプロ野球で活躍されています。

希望としては、もっと有力な左投手が出てくるのを期待します。

とにかく圧倒的に右利き社会なので、何回も左利きだったと聞かれては、また聞かれる状態です。

興味ないんやったら聞くなよとも思います。

寿命も、左利きは右利きと比べ10歳ぐらい短いそうです。

これは、社会が右利き用に作られているのでストレスが知らずうちに溜まっている事も原因だと思います。

やはり左利きの人間に注目を集めるようなイベント、記念日を定期的に開催することがイメージ定着し、左利きの存在をアピールすべきだと思います。

 

 

 

阿波踊りが開幕!

f:id:yasikitakatosi:20180812210815j:plain

今日も暑かったですね。

今日から夏本番の阿波踊りが開幕しました。

色々問題もありましたが、無事開幕となりました。

良かったですね。

阿波踊りは、もともと徳島県を発祥とする盆踊りです。

約400年の歴史があり、8月12~15日に開催されています。

三味線・太鼓・笛・カネ等の2拍子の伴奏に乗り、蓮と呼ばれる踊り手の集団が踊り歩きます。

有名連でのよしこののリズムで知られて、また徳島県の小・中・高校では体育の授業で阿波踊りを採用しており、ほとんどの学生が阿波踊りを練習します。

阿波踊りは、毎年130万人以上の人手があり、県内の各市町村でも開催されています。

県外でも、徳島県人会が中心となり、全国各地で踊られています。

また、東京高円寺阿波踊りや下北沢、中目黒等長く踊っています

東京高円寺阿波踊りは、高円寺のバル商店街の青年部が町おこしで始めました。

都内在住の徳島県出身者から、指導を受けて発展し、例年120万人の人手があり、例年同日に行われる浅草サンバカーニバルと共に、東京の代表的な夏祭りとなっています。

南越谷阿波踊り、神奈川大和阿波踊り等も、地域催事から発展し規模が拡大しました。

 

歴史としては、徳島藩が成立して以降、盛んに踊られるようになり、天正14年(1586年)に徳島城が竣工した際に当時の阿波守の蜂須賀家政が、城の完成祝いにお触れを出したことが発祥とも言われています。

江戸時代には、一揆につながるとの理由で禁止されていた時期もありました。

阿波踊りという名称は、昭和初期から呼ばれるようになりました。

一つの踊りのグループの事を「蓮」と呼び、有名連と呼ばれる連が多数あり、主に各協会に所属しています。

他にも、企業連や大学連、商店街で結成した連等大小様々な連が数多くあります。

ほとんどの連は、先頭に巨大な提灯に連名を書き、浴衣などにも名前を入れています。

 

徳島県内の有名連

  1. 娯茶平
  2. のんき連
  3. 新のんき連
  4. 阿呆連

 

1、娯茶平

連員350人を超える徳島県最大の連です。

賜天覧4連のうちの1連です。

東京の飛鳥蓮と姉妹連です。

 

2、のんき連

徳島一の歴史を誇り、賜天覧4連のうちの一連です。

のんき調です。

 

3、新のんき連

性億政明を初代連長とし、のんき調の連で東京支部で、東京新のんき連があります。

 

4、阿呆連

阿波踊り三大主流と呼ばれる阿呆調で、東京の江戸っ子連と姉妹連です。

 

踊りは、男踊りと女踊りに分かれます。

男踊りは、豪快に連の特徴も表れ、女踊りは優雅に色気もありながら同じ踊りの美しさで表現します。

いずれにしても、徳島の夏の最大のイベントであり、徳島県人口の倍の人手が集まりますので、経済効果も相当な効果がもたらされます。

近所での二拍子のリズムの音が流れてきます。

しばらくは、このリズムを聞いて楽しみたいと思います。